blog index

つわりブログ

「つわり」の治療法に対する説明と注意点を紹介しています。
「つわり」の治療法
「つわり」の治療法

「つわり」が重症化すると、妊娠悪阻になります。妊娠悪阻を起こさないように、「つわり」は早期に治療をすることがアメリカの「つわり」のガイドラインで勧められています。

マルチビタミンを受胎したときに摂取すると、「つわり」の症状を軽減する可能性があることがアメリカの「つわり」のガイドラインに記載されています。

「つわり」の対策としてはビタミンB6あるいはビタミンB6とドキシラミンを併用する治療法がアメリカの「つわり」のガイドラインによると第一選択肢となります。

安静
安静とは頻繁に仮眠をとったり、休憩をしたりすることを意味します。主に外部からの刺激を少なくするという目的で施されます。また不快な音あるいは匂いを避けたり、散歩・電話での会話・体を締め付ける服などを控えたりすることも大切です。

指圧
指圧も中国医学に基づきます。針灸では針を使いますが、指圧では指、肘、膝、足を使いツボを刺激します。指圧では「内関」というツボを指で刺激する方法が考案されています。また「内関」を刺激できるように作られた特殊なリストバンドが開発されています。

針灸
針灸は中国医学に基づきます。中国医学では体の中に「気」という生命エネルギーが流れていると考えています。針灸では「気」の流れのバランスを整えることを目的としています。針でツボを刺激することにより「気」の流れを改善するのです。さまざまな病気を改善する目的にも使用されます。

食事療法
妊娠前期にタンパク質の多い食物を摂取することが「つわり」の治療法として考案されています。その他の対策として、食事の量を少なくして回数を多くしたり、においの強いものを控えたりすることなどがあります。

ビタミンB6
ビタミンB6は抗皮膚炎因子として発見され、皮膚科のビタミンと呼ばれています。アミノ酸の代謝における補酵素として働き、血液検査でなじみ深いGOTとGPTの補酵素です。

生姜(しょうが)
生姜(しょうが)は太い根茎の多年草です。熱帯地域で主に栽培されています。根の部分を生あるいは乾燥して使用します。有効成分としてジンジャーロールあるいはしょうがオールなどが同定されています。

bolg index このページの先頭へ
<