blog index

つわりブログ

「つわり」の治療法に対する説明と注意点を紹介しています。
頭痛
○頭痛
頭痛には大きく分けて片頭痛と緊張型頭痛があります。片頭痛の原因は未だに解明されていませんが、血管の拡張と関係が深いと考えられています。緊張型頭痛の原因も未だに解明されていませんが、筋肉の緊張と関係が深いと考えられています。片頭痛よりも緊張型頭痛のほうが妊娠中によく見られます。片頭痛により誘発される痙攀は妊娠前期と後期にみられます。しかし妊娠中期にみられることはほとんどありません。

妊娠中の薬物療法
プロスタグランジン合成阻害薬とアセチルサリチル酸あるいはプロクロルペラジンも妊娠前期には使用することができます。しかしエルゴタミンは使用できません。
プロスタグランジン合成阻害薬は妊娠32週を過ぎてからは使用できません。トリプタン(セロトニン拮抗薬)は妊娠中と授乳中には使用できません。十分な安全性が確立されていないからです。β遮断薬のプロプラノロールなどは重篤な偏頭痛の予防として使用に適しています。

bolg index このページの先頭へ
<