blog index

つわりブログ

「つわり」の治療法に対する説明と注意点を紹介しています。
甲状腺の病気
○甲状腺の病気
●甲状腺機能低下症
甲状腺機能低下症の発症に気づかずにいると、不妊を引き起こしたり、流産を引き起こしたりするリスクが高くなります。妊娠にともない、甲状腺ホルモン剤(チロキシン)の服用量を増やす必要があります。専門家による適切な治療を受けましょう。

●甲状腺機能亢進症
甲状腺機能亢進症が見過ごされていると、流産あるいは早産のリスクが高くなります。母体血液中の抗TSH受容体抗体は胎盤を通過できるため、胎児に甲状腺機能亢進症がみられることがあります。甲状腺機能亢進症を症状だけから判断するのは、妊娠中は困難です。妊娠による体の変化と、甲状腺機能亢進症の症状が似ているからです。カルビマゾールは甲状腺ホルモン産生量を減らす働きがある薬で、最も重要な治療です。甲状腺を手術で取り除く甲状腺切除術が必要な場合もあります。放射性ヨードでの治療は考慮に入れません。

bolg index このページの先頭へ
<